近藤義忠のボディボード上達革命

近藤義忠のボディボード上達革命について、どうして上達出来るのか詳しく案内しています。また、ボディボード上達革命の欠点も合わせて暴露しています。

近藤義忠のボディボード上達革命なら速攻で上達

近藤義忠のボディボード上達革命・トップイメージ

近藤義忠のボディボード上達革命をご紹介します。

近藤義忠のボディボード上達革命は、ボディボードが上達するためにやるべき事は、3ポイントになっていますので、とても解りやすくて取組やすいです。

近藤義忠のボディボード上達革命は、大切な事だけ次の3ポイントに上手にまとめています。

  • 波の事を注意深く観察し、波を良く分っている
  • ボディボードのテクニックについて、頭の中にはっきりとイメージが出来上がっている
  • ボディボードで上手く乗れる波を見つけて、思い通りに波に乗れるようにトレーニングをしっかりとやっている

3点がとても大切なポイントになりますが、その中で一番大切なものは、波を良く分っている事です。

ボディボードのテクニックが、頭でわかって、本当の波にも乗れるようになってから、本当の意味で波を良く分るというレベルになります。

波がわかる事の大切さをキッチリと初心者の方にも強調して教えてくれるものは、他のDVDや本などにはありません。

一番大切な波がわかる事の重要性が理解出来ますので、近藤義忠のボディボード上達革命は、速攻で上達できます。

続きはコチラ ⇒ 近藤義忠のボディボード上達革命

陸上でボディボードのテクニックを説明

近藤義忠のボディボード上達革命は、ボディボードの技について、まずしっかりとイメージが出来るようになっています。

いちばん上達が遅くなるのは、ボディボードの技がわかっているつもりになり、正確なボディボードの技がかわっていない場合です。

ボディボードの技をどうしたら良いのかはっきりとわからないと練習しても上達しませんし、時間を無駄にしてしまいます。

近藤義忠のボディボード上達革命は、技のイメージについて、水中ではなく陸上で丁寧に説明しています。

ボディボードのいろいろなテクニックについて、陸上で説明しているのはとても珍しいです。

ボディボードの一つ一つの技は、とても良く解りますし、イメージがシッカリするので、海に入って練習すれば上手くなるのも早いです。

実際、海でも、短い時間で無駄のないとても効率的なトレーニングが出来てきます。

ボディボードの技をイメージする。

技が出来るようになるまでの時間が短くなる

ボディボードに良い波も素早くわかるようになる。

という革命的なスピードで上達出来るようになります。

続きはコチラ ⇒ 近藤義忠のボディボード上達革命

陸上でボディボードのテクニックを説明

近藤義忠のボディボード上達革命は、基本的な内容がとても大切に説明してあります。

基礎的な技をとても丁寧に説明している理由は、基礎を省略すると返ってボディボード上達が遅くなるというハッキリした考え方に基づいています。

ボディボードの基礎的な技は、次のものを挙げています。

  • テイクオフ(ボディボードの一番基本の技で、波に乗りはじめです)
  • ライディング(実際に波に乗っていく事)
  • ドルフィンスルー(波が来ている沖に進むのに、波が来た時に波の下に潜り波に戻されないように沖に向かっていく技術)
  • ボトムターン(波の下のところで大きく深いターンを決めること)
  • トップターン(波のトップ→波のボトムにターンを決めること)
  • カットバック(波乗り中に波が弱い所にいってしまった時に波の強い場所へ戻る技)

このような内容を十分に理解してから、ボディボードの上級の技として、

  • スピン(波の上で横反転する技)
  • エルロロ(波から飛び出して空中で1回転する技)

以上について分かりやすく解説しています。

段々とボディボードの難しい技に挑戦していきますから、確実で成果を味わう事が出来ます。。

続きはコチラ ⇒ 近藤義忠のボディボード上達革命

近藤義忠のボディボード上達革命の短所

ボディボードを練習していて、最終的に一番難しいのは、良い波を選んで乗ることです。

波は同じものはありませんし、当たり前ですが、どんなに頑張っても自然には勝てないです。

自分の腕を最大限発揮出来る波を見つける事は、終わりのない事です。

近藤義忠のボディボード上達革命では、卒業のレベルは自分自身で決めるまで、繰り返し見て、実践していくようになります。

続きはコチラ ⇒ 近藤義忠のボディボード上達革命